作物を健康的に育ててくれる土壌水分計

作物はあまり水をやり過ぎると、虫が寄り付いたり根腐れを起こしたりといった良くない影響を与えてしまいます。かといって、土が乾き過ぎてしまうと枯れたりしおれたりして作物が成長するのを妨害してしまい、質が高い作物を作ることができません。土壌水分計は土に含まれている水分の量を測定してくれる機器のことを指します。
土にセンサーを挿すだけで作物が健康に育つために適した水分量になっているかどうかが分かるようになっているため研究機関や農家などで活用されています。コンパクトなペン型のものやハンディータイプのものがたくさんあるためお年寄りや女の方でも簡単に利用することが可能です。値段はおよそ3千円ぐらいの安いものから100万円以上する高いものまで様々です。安いものであれば、電池もいらず初めて使う場合も簡単に測ることが可能なため園芸や家庭菜園などに適しています。

様々な規模の製品が存在している

土壌は自然の状態であれば水分がある程度含まれていますがその土で育つ作物には品種によって異なりますが一般的には水分がおよそ80パーセント以上含まれていることが多いです。そのため作物が健やかに育っていくためには土に含まれる水分量を一定の状態でキープすることが必要になります。
土壌を人工的に作るときはこの土壌水分量をコントロールすることが求められます。土壌水分は慣れてくると見た目で判断することもできますが正確な量を測定するためには専用の機械を利用するのが最適な方法になります。そういった目的で使うことができるのが土壌水分計になります。色々な種類のものが提供されていますが個人が園芸などに利用するものから商業的に作物の健康な生育のために利用されるものまで色々な規模のものが存在します。

測定の方法には幾つかの種類がある

土壌水分計は製品によって使い道が違ってきます。製品によっては土に含まれている水分量を測るだけでなく、建築に利用されるコンクリートや材木などの水分量を測ったり、野菜や魚介類など食品に含まれている水分量を測ったりするのにも使われる場合があります。こういった機器を使って水分量を測るためには幾つかの方法があります。
例えば、電磁波が反射するときの振れ幅の違いから水分量を割り出す方法や電磁波が一定の距離に地点から戻ってくるまでにかかった時間から割り出す方法、土壌にカップを埋めて測る方法などがあります。電磁波を利用する方法で水分量を測る場合は水分量を測定する対象によって補正値を調査する校正という作業が必要となります。カップを土壌に埋めて水分量を測る場合は一定の間隔で水を補給することが大切になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加