植物を育てるには土壌水分計を使うのがおすすめ

植物を育てる時には水をやったり肥料をやったりと、行うことは多くあります。その時に注意しなければいけないことが、土壌の含まれる水分の量になります。土の表面が乾いて見えるときでも、実際には土中の水分は十分に組まれていることもあり注意しなければいけません。水分が多すぎると根が腐ってしまったり、逆に少ないとしおれてしまう原因になります。 そのため水を与えるときは慎重に行わなければいけないものですが、土を掘り返したりして確認するわけにはいきません。このような時に便利なものが、土壌水分計です。これは土中の水分がどのくらいあるのか計測することができ、その際の操作も簡単です。草花や野菜などを育てる時にはこれを使うことで、数値としてわかりやすく表示してくれるのでおすすめになります。

土に刺すだけの簡単な準備で測ることができます

土壌水分計の良いところは、計測器具を土に刺すだけで良い点になります。計測器具を土に刺す部分と水分量を表記する部分があり、手間がかからないだけでなくわかりやすい作りになっています。色々な配線などをつなぐ必要がないので、誰でも手軽にセットが可能です。しかし中には事前に水の中に入れたりしなければいけない機種もあるので、使用前には説明書をきちんと確認することが必要です。 基本的な設置の仕方は、センサーの部分が根の深さに位置するところまで土に刺します。そのため刺す前にはどのくらいの深さまで刺せばいいのか、ある程度の目安を付けておきましょう。植物は根から水を吸収するので土中の水分を測るときは、根の部分の深さにすることで理想的な位置の水分量を測ることができます。

水分以外も計測できるものもあります

植物には水分も大切ですが、土壌酸度や温度に照度なども生長するには大切な要素です。そのため土壌水分計を選ぶ際には、水分量以外にも測れる機能があると使いやすいです。土壌酸度は野菜によっては酸性寄りだったりアルカリ性寄りが良いなど、育てる野菜によって違ってくるので測ることができると調整がしやすくなります。土壌温度も発芽する温度が種類により違うので、それを確認するためにも使えます。 そして照度ですが、日に強いものならいいですが弱いものだと枯れる原因の一つです。照度も測れると鉢やプランターに植えているものであれば、移動させることができより良い環境に近づけることができます。これらの数値はアナログで表示されるものとデジタルで表示されるものがあるので、自分が使いやすい表示方式の物を選ぶことが重要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加