新宿区の貸事務所のメリットとデメリット

起業する時、オフィスの利便性を良くしたい時などに貸事務所をおすすめします。保証金と月額使用料のみで借りることができ、一般物件よりも初期費用を安く抑えられます。新宿区には多くの貸事務所があり、ビジネスに魅力的な土地柄です。新宿駅は乗降客数が日本一と言われる駅であり、多くの路線が通る利便性の良さが最大のポイントです。従業員の通勤にはもちろん、取引先の訪問などにも大変便利です。企業の本社や都庁をはじめとする有名施設も多いため知名度も高く、新宿にオフィスを構えるというステータスはビジネスにおける信頼性確保の面でもおすすめです。小さくともまず新宿から始めるといった方も少なくありません。業績が伸びてきたらより大きな貸事務所を検討するといったように、変化に対応できるのも魅力といえます。

新宿区で貸事務所を借りるためのポイント

新宿区で貸事務所をお考えなら、失敗しないためにもきちんとしたコンセプトを持っておきましょう。お客さんが出入りするオフィスであれば、駅から近い物件がよいですが、ステータスのためのオフィスであるなら、駅から少し離れた場所もおすすめです。オフィスの広さとしては、従業員一人あたりのワークスペースを考え、快適に作業ができるようにしましょう。エリアの選択も重要で、西口や東口の人気エリアも捨てがたいですが、一方人気エリアであることから平均賃料は坪あたり17,500円前後と高めとなっており、敷居が高く感じられるのが悩みどころです。比較的リーズナブルに借りたいのであれば開発されたばかりの南口がおすすめです。南口には住宅街地域もあり、木造アパートや一戸建てなどの貸事務所も存在します。業務形態によって築年数や立地を考えるとよいです。

新宿区でおすすめ、新しいスタイルの貸事務所

新宿という好立地でありながら、激安で貸事務所を利用することは可能です。新宿区という土地に精通し、より多くの情報を得られる不動産会社を選定しましょう。そして事業の内容に合ったエリア、広さの物件を紹介してもらいましょう。最近では「居抜きオフィス」という新しいスタイルの貸事務所が出てきています。居抜きオフィスとは、オフィス退去の際に内装や設備等をそのままにして次の借主に引き継ぐスタイルで、退去の際の原状回復費用や入居時の内装工事費やオフィス機器の購入が省け、コストを削減することができます。条件は物件により異なりますが、コストを重視しながら新宿という好立地にオフィスを構えられるメリットは大きいです。居抜きオフィスの場合、情報の公開に制限があることもあり、ネット検索では見つからない未公開物件もあるため、気になる方はぜひ直接不動産会社へお問合せするといいでしょう。